なぜ30代で家を買うと失敗するのか?家ではなくライフスタイルを買え?

なぜ30代で家を買うと失敗するのか?

今回は「なぜ30代で家を買うと失敗するのか?」についてお伝えしたいと思います。

こちらをご覧になっていない場合は、下記も今すぐチェック!
>>【関連記事】:なぜ、30代で家を買うと失敗するのか?家選び成功の答えとは?

はじめての30代の家選び。

ほとんどの30代が「家を買う」と言います。

そして、家を買った30代ほど、家選びで失敗します。

その理由をご存知ですか?

答えは「家は買うものではないから」です。

すこしややこしくなりましたが、家は商品ですか?

家を商品と見てしまうと、本質がブレてしまい「新商品」「新発売」の家が1番だと思い込んでしまいます。

その証拠は住宅展示場にたくさんありますね。

本来、家を買うのではなく「生活を買う」のが正しい答えです。

「スポンサードリンク」

家ではなくライフスタイルを買え?

家ではなくライフスタイルを買う。

家とライフスタイル、どう違うのか?

答えは家は壁と天井と床と窓があればすべて家です。

しかし、ライフスタイルという考え方をした時から、家ではなく「どのような生活=ライフスタイルを手に入れたいのか?」に変わっていきます。

家を買う人は「30坪の家が欲しい」「大きな家が欲しい」「明るい家が欲しい」

もし、30坪の家が欲しい人は30坪の家であれば買う訳です。

大きな家が欲しい人であれば大きな家があれば買う訳です。

そして、明るい家が欲しい人であれば、明るい家があれば買う訳です。

しかし、落とし穴があります。

それが、30坪の家で、あなたの理想の生活、つまり、理想のライフスタイルが手に入るのでしょうか?

あるいは、大きな家で、あなたの理想の生活、つまり、理想のライフスタイルが手に入るのでしょうか?

また、明るい家であなたの理想の生活、つまり、理想のライフスタイルが手に入るのでしょうか?

「スポンサードリンク」

ライフスタイルを手に入れると考えれば家選び成功への第一歩

もし、家ではなくライフスタイルを手に入れる、買うという考え方をしたら、いかがでしょうか?

35年の住宅ローンを払い終わるころに「建て替え」が必要な家。
つまり、35年後にまた住宅ローンが始まるライフスタイルです。

そんな家が欲しいですか?

そんなライフスタイルを買いたいですか?

30代の今は暑さも寒さも気にならないのでがまんできるけど、果たして、親の様子を見ると、年々、夏の暑さや寒さが厳しくなってきているような気がする。

ただ、30代は50代、60代の暑さや寒さが身体にきびしいのが体験していなので分からない。

だから、暑さも寒さも30代は、家選びの重要事項ではなく「家の大きさ」などが基準になってしまう。

新築選びは1LDKの家が良い理由とは?

子供部屋について。

たとえば、子どもは生まれたばかりで、一緒に寝ているけど、一人部屋が必要になるのは何歳からなのか?

小学生に一人部屋が必要なのか?

日本では通常、小学生の低学年の時は、親と一緒に寝ます。

つまり、まだ子供部屋は必要ないということ。

そして、小学生でも高学年になって、塾などに通いだせば、いったい家にいる時間はどれだけなのか?

中学生になって部活と塾などが始まれば、朝は早く出ていき、夜遅く帰ってきて、ほとんど家にいない。

大学生になると、家に帰ってこない日もある。

遠くの大学に通い、寮やマンションを借りた。

結局、家には夫婦だけだった。

子供が勉強するのはダイニングテーブル。

あるいは、リビンの一角に作った机の上。

まぁ、キチンと勉強するのは母親の声が聞こえるダイニングだったり、家族の声がするLIVINGだったりするわけです。

たしか、東大に入った学生の勉強場所も同じだったはず。

本来、日本の場合は、親と同居もしなくなったから「1LDK+ロフト」があれば、長い目で見れば、メンテナンスなども考えると、結局は夫婦2人だけで暮らすことになるわけだし、その年数の方が長い訳なので、この辺りを、もっとキチンと考えてライフスタイルの設計をするべきなんですよ。

すると、次のような質問をもらう時があります。

「でも、子供が2人いて大学まで家にいえたら狭くないですか?」

もちろん、狭いですよ。

ただ、その場合は数年間だけ日本には文字通り腐るほどある4LDKの家を借りたら良い訳です。

短ければ、3年とか5年くらいでしょう。

35歳で家を建てて、85歳まで生きるのであれば、50年間の間のたった5年ほどのために、4LDKの大きな家を多額の住宅ローンを払い、夫婦2人になった時に、多額のメンテナンスが必要なムダの多い家を選ぶから、生活も大変な訳です。

必要な大きさの家を選び、必要な時にほんのすこしだけ賃貸住まいをし、残りの45年間はマイホームという考え方は、これからの日本にはピッタリのライフスタイルだし、そうしないと老後が大変なだけ。

これから新築を選ぶ30代は、この辺りをよく考えないと、新築選びで大きな失敗をしますよ。

>>【関連記事】:なぜ、30代で家を買うと失敗するのか?家選び成功の答えとは?

最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたにとって役立つ家選び術であれば幸いです。

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

はじめての無料メール相談は1回目は無料。

まずは下記フォームから「家の相談がしたい」とご連絡ください。
こちらからの相談は無料です♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

佐藤が共著でお手伝いした本が出版されています。
大手ハウスメーカーや地場の工務店、そして、設計士向けに書いた「省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) 」ですが、はじめての注文住宅選びで悩んでいる施主が読んでもためになりますよ。内容はプロ向けなので難しいですけどね。

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック)

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) はこちらをチェック!

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ