夏暑い家は冬も寒い?高気密高断熱住宅の失敗や後悔事例とは?

夏暑い高気密高断熱住宅は冬も寒い訳とは?

注文住宅選びのプロが教える高気密高断熱住宅の失敗や後悔事例をご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、あなたに質問です。

Q夏暑い家は冬暖かい?

あなたの答えはいかがでしょうか?

実は、夏暑い家は冬も寒いのが正解。

そして、夏ものすごく家の中が暑いのであれば、同じく冬もものすごく家の中が寒い家です。

なぜならば、断熱・気密・換気の設計か施工(工事)を失敗しているからです。

夏暑く冬寒い家の原因は「断熱・気密・換気の設計か施工(工事)の失敗」だからです。

もし、断熱・気密・換気の設計をキチンと正しく行い、施工(工事)を行えば、100%と断言できるほど、夏涼しく冬暖かい家が手に入ります。

「スポンサードリンク」

初めての高気密高断熱住宅選びの失敗や後悔事例とは?

住宅展示場などに行き、家の勉強をしたり、地場の工務店の現場見学会や完成見学会へ行き、営業マンの話を聞いて分かったようになり、契約をしてしまう人が多くいて、はじめての家選びで失敗したり後悔したりする人が後を立ちません。

その理由をご存知でしょうか?

答えは「設計図の段階で夏暑く冬寒い高気密高断熱住宅を見抜くこと」が一番大切です。

よく勘違いして、欠陥住宅を「建築中に見抜く」と思い込んでいますが、欠陥住宅の検査は「図面で100%見分けることが可能」なんですよ。

むしろ、図面の段階でカンタンに見抜けるのに、なぜ、図面で欠陥住宅を見抜いておかないのかと不思議に思います。

「スポンサードリンク」

欠陥住宅は図面の段階で契約する前にカンタンに見分けることができる?

繰り返しになりますが、欠陥住宅は図面の段階でカンタンに見分けることができます。

そして、契約する前に欠陥住宅はすべて見分けることが可能で、だからこそ、安心して家づくりをスタート出来る訳です。

もし、あなたが図面の段階で、高気密高断熱の新築なのになぜ寒く暑いのか?失敗や後悔をしたくないのであれば、欠陥住宅は図面の段階で見分けられることを、よく知ってください。

すべてはそこから始まりますのでご注意ください。

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

はじめての無料メール相談は1回目は無料。
2回目からの相談料は、1回「980」
スカイプやLINEなどの無料通話を使った相談は1時間「3980」
直接合っての相談は1時間「19800」です。

まずは下記フォームから「家の相談がしたい」とご連絡ください。
こちらからの相談は無料です♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

佐藤が共著でお手伝いした本が出版されています。
大手ハウスメーカーや地場の工務店、そして、設計士向けに書いた「省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) 」ですが、はじめての注文住宅選びで悩んでいる施主が読んでもためになりますよ。内容はプロ向けなので難しいですけどね。

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック)

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) はこちらをチェック!

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ