高気密高断熱住宅のデメリットは正しい知識を持つ建築会社を探すこと

高気密高断熱住宅のメリットやデメリットとは?

注文住宅選びのプロが教える良い高気密高断熱住宅をご覧いただきありがとうございます。

高気密高断熱住宅のデメリット。

はじめての新築の注文住宅選びで、かならず気になるのが「高気密高断熱住宅」です。

なぜならば、新築の注文住宅で高気密高断熱住宅は、10年前と違い「基本中の基本」だからです。

だから、現在、はじめての新築の注文住宅選びをしている人からすれば「どの高気密高断熱住宅を選べば良いのか?」が悩みのはず。

しかし、その高気密高断熱住宅の新築の注文住宅選びの答えはカンタンです。

なぜならば「良い高気密高断熱住宅を手に入れるには正しい知識を持つ設計士と建築会社を探すこと」だからです。

「スポンサードリンク」

良い高気密高断熱住宅を手に入れるには正しい知識を持つ設計士と建築会社を探すこと

良い高気密高断熱住宅を手に入れるために必要なことは、高気密高断熱住宅の正しい知識を持つ設計士と、高気密高断熱住宅の正しい知識と建築技術を持つ腕の良い工務店が必要です。

なぜならば、高気密高断熱住宅の正しい知識を持つ設計士と正しい知識と技術を持つ工務店なら「カンタン」だからです。

間違っても「高気密高断熱住宅は難しい」や「冬暖かい家づくりは難しい」など言う設計士や工務店は避けましょう。

たとえば、冬暖かい家の基準を明確にお伝えしましょう。

この場で言う冬暖かい家は「床暖房がなくても足元が暖かい高気密高断熱住宅」です。
なぜ、床暖房が必要ないのでしょうか?

その答えを経験談でお伝えしますと「床暖房がなくても足元が寒いと施主からクレームがないから」です。

そして、ここでもうひとつ覚えておいて欲しいことが「正しい知識と技術で建てられた高気密高断熱住宅に床暖房は必要ない」ということです。

なぜならば、床暖房がなくても足元が暖かく、なおかつ、玄関を入ったら廊下からトイレ、洗面室、お風呂、北側の部屋から押入れまで、すべて暖かいから、床暖房が必要ないという意味です。

だから、床暖房がある高気密高断熱住宅は欠陥住宅なんです。

「スポンサードリンク」

床暖房のある高気密高断熱住宅が欠陥住宅の訳とは?

床暖房がある高気密高断熱住宅が欠陥住宅だとは驚いたでしょう。

しかし、床暖房がある高気密高断熱住宅とは「足元が冷たい家の証」なんですよ。

なぜならば、足元が冷たく寒いからこそ、本来、床暖房がなくても足元がポカポカと暖かいのメリットであり特徴の高気密高断熱住宅なんです。

だから、高気密高断熱住宅で床暖房が必要ということは、間違いだらけの高気密高断熱住宅の証拠でもある訳です。

もし、あなたがはじめての新築の注文住宅で高気密高断熱住宅を選ぶのであれば、床暖房が無ければ冬足元が寒いですよと言う設計者や工務店は避けて「高気密高断熱住宅ですか?もちろん、床暖房なんかなくても足元が暖かいし、それに、家全体を暖められるのが高気密高断熱住宅のメリットですからね。それに、床暖房のデメリットは床暖房がない部分は足元が冷たく寒いですから。それと、家って床暖房がない部分の方が多いですから、そん足元が寒く冷たい家なんて欲しくないでしょ?」とカンタンに説明してくれるような、設計士や工務店を選ぶようにしましょう。

なぜならば、床暖房がなくても足元がポカポカと暖かい高気密高断熱住宅はカンタンに手に入るからです。
くれぐれもお忘れなく(^^)

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

先日、お客さんから「問い合わせってしにくい」と言われたんですけど、最初の3回までは無料なので、まずはお気軽に「家選び・家づくりの相談がしたい」とご連絡ください。
無料相談は下記フォームが便利ですよ(^_^)

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ