日本の新築の注文住宅の家が寒いのは床と壁と窓と天井が冷たいから?

日本の新築の注文住宅の家が寒いのは床と壁と窓と天井が冷たいから?

日本の新築の注文住宅の家が寒いのは床と壁と窓と天井が冷たいから?

注文住宅選びのプロが教える新築の注文住宅が冬寒い理由をご覧いただきありがとうございます。

なぜ、日本の新築の注文住宅の家は、冬に家の中が寒いのか?

答えは「床と壁と窓と天井が冷たいから」です。

この意味が分かれば、新築でも中古住宅でも中古住宅でも、真冬に家の中が暖かいライフスタイルが手に入ります。

「スポンサードリンク」

冬に家の中が寒い理由とは?

日本の家は冬、家の中が寒いのが当たり前の常識のように思われています。

そして、家の中が寒いのと、足元もの床が冷たく寒いので、新築の中古住宅などは床暖房があるのが当たり前です。

しかし、床暖房が暖かいのは、床暖房がある部分だけ。

床暖房がない部分は、相変わらず、冷たく寒い訳です。

冒頭の日本の家が寒い理由は「床と壁と窓と天井が冷たいから」とお伝えしました。

この意味は、冬に家の中が寒いと暖房機などで「家の中=部屋の中」を暖めようとしますが、実はそれが大間違いの考え方なのです。

暖める場所は部屋の中ではなく「床と壁と窓と天井」です。

なぜならば、次の計算式で家の中の暖かさは表せるからです。

(壁の表面温度+室温)÷2=あなたが感じている体感温度

これを理解することが、新築の注文住宅で寒い家をつかまされないコツです。

「スポンサードリンク」

日本家が寒い理由を「(壁の表面温度+室温)÷2=あなたが感じている体感温度」で理解する?

なぜ、日本の家はエアコンなどの暖房機を消すと、冬にすぐに部屋が寒くなるのか?

その答えが、(壁の表面温度+室温)÷2=あなたが感じている体感温度で理解できます。

つまり、あなたが寒い理由は、部屋の壁や床、そして、窓や天井の表面温度=手で触って冷たいからです。

いま、あなたの部屋の壁や窓、そして、床などを手のひらで触ってみてください。

もし、触った手のひらが暖かければ、真冬でも暖かいと感じるはずです。

しかし、もし、手のひらで触って冷たいと感じたならば、エコアンなどのスイッチを切ると、どんどんん部屋が寒く冷たくなるはずです。

今日は、まずはあなたが寒いと感じるのは、壁や床や窓、そして、天井が冷たいと、あなたが感じる温度も寒く冷たいと理解しましょう。

そして、家の中を暖かく快適にしたいのであれば、部屋の中を暖かくするのではなく、壁や床、そして、窓や天井を暖める。
これが、日本の冬に寒く冷たい家を暖かくする方法です(^_^)

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

先日、お客さんから「問い合わせってしにくい」と言われたんですけど、最初の3回までは無料なので、まずはお気軽に「家選び・家づくりの相談がしたい」とご連絡ください。
無料相談は下記フォームが便利ですよ(^_^)

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ