新築の注文住宅が寒い理由と窓の寒さ対策の一番良い方法とは?

注文住宅選びのプロが教える新築の注文住宅が寒い理由とは?

新築の注文住宅が寒い理由と窓の寒さ対策の一番良い方法とは?

注文住宅選びのプロが教える欧米の寒さ対策をご覧いただきありがとうございます。

「新築の注文住宅なのに家が寒い」

「高気密高断熱住宅なのに冬家の中が寒い」

「床暖房がないと足元が寒い」

日本の家は「冬寒い」が当たり前で、床暖房がないと足元が寒いと思い込んでいます。

しかし、真冬に寒い、床暖房がないと足元が冷たく寒いを欧米の家の基本になるとすべて間違いです。

なぜならば、真冬に暖かくする方法や、床暖房なくても足元を暖かくする方法を知っているからです。

「スポンサードリンク」

注文住宅選びのプロが教える真冬の窓の寒さ対策の一番良い方法とは?

なぜ、日本の家は冬寒く、床暖房がないと足元が冷たく寒いのか?

そのひとつの答えが「窓の寒さ対策を知らないから」です。

次の大きな窓の画像をよくご覧ください。

新築の注文住宅が寒い理由と窓の寒さ対策の一番良い方法とは?

窓の下に暖房器具があるのがわかりますか?

冬、窓はどうなっているのか?
答えは、外の冷たい温度が窓ガラスを伝わり、床にナイアガラの滝のように落ちてくるからです。

つまり、足元が寒いのは窓が一番の原因です。

だから、窓の下に暖房器具などをつけて、窓ガラスから落ちてくる冷たい空気を、下から押し上げり、あるいは、暖かい空気で冷たい空気を中和させたりして、窓の寒さ対策を行います。

しかし、日本の場合、窓自体のランクやレベルが低いし、そもそも、窓から寒さが床に落ちてくるという概念も知らない人が多いと思います。

だから、安易に床暖房があればと設置しますが、光熱費が高く使えない人も多く、そして、そもそも床暖房がない場所は足元が冷たく不愉快な訳です。

しかし、床暖房がなくても足元が暖かい欧米の注文住宅の知識と技術を使えば、廊下やトイレ、洗面所の床まで暖かいことを、まずは知りましょう。

「スポンサードリンク」

床暖房があるのは欠陥住宅の証?

あなたが、これから新築の注文住宅を建てるならば、ぜひ、床暖房が必要な家は足元が寒い家だと覚えておいてください。

1999年から、プロデュースしたすべての注文住宅に床暖房は設置していませんが、いまだに冬足元が寒いというクレームはありません。

なぜならば、欧米のすぐれた建築の知識と技術を使っているからです。

これをご覧のあなたも、欧米の優れた注文住宅を選び、快適なライフスタイルを手に入れてくださいね(^_^)

注文住宅選びに関するお問い合わせは、下記の無料相談フォームをご利用ください♪

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ