はじめての注文住宅選びの基本、新築で家が寒いのは欠陥住宅の訳とは?

はじめての注文住宅選びの基本、新築で家が寒いのは欠陥住宅の訳とは?

こんにちは♪
はじめての注文住宅選びの不安や悩みを解決する問題解決請負人です。

注文住宅選びのプロが教える「はじめての注文住宅選びの基本」をご覧いただきありがとうございます。

なぜ、床暖房のある家は欠陥住宅なのか?
なぜ、新築で家が寒いのは欠陥住宅なのか?

この答えを知ってますか?

答えは、新築なのに、床暖房がなければ足元の床が冷たいのは「家の中を暖かくする設計&施工(建築)に失敗した家だから」です。

そして、新築なのに家が寒いのも「家の中を暖かくする設計&施工(建築)に失敗した家だから」です。

なぜならば、家の中を暖かくする設計&施工(建築)に成功した家は「床暖房がなくても足元が暖かく、24時間暖房を付けっぱなしでも光熱費が安く家計に負担を与えない省エネの家だから」です。

もちろん、真冬に裸足でも大丈夫。床暖房なしでもね。

「スポンサードリンク」

なぜ、床暖房のある家が欠陥住宅だと言えるのか?その訳とは?

なぜ、床暖房のある家が欠陥住宅だと言い切るのか?

答えは「床暖房がない床は冷たく寒いから」です。

欧米の良質な高気密高断熱住宅を経験した人ならば、お分かりのように「床暖房で部分的に暖める」ような生活は快適ではなく「不快な生活」だからです。

たとえば、リビングに床暖房があれば、リビングは確かに足元が暖かいでしょう。

しかし、廊下やトイレ、洗面室からお風呂の床は冷たい。
これでは、快適な生活が手に入ったとはいえませんし、理想のライフスタイルではありません。

なぜならば、本来、高気密高断熱住宅の基本中の基本は、玄関を入った瞬間からすべての床が暖かいのが当たり前だからです。

「でも、光熱費が高いのでしょ?」

ほとんどの人が、光熱費の高さを心配すると思うのですが、欧米の良質な高気密高断熱住宅は24時間暖房を付けっぱなしでも、光熱費は安いのが基本です。

「スポンサードリンク」

欧米の良質な高気密高断熱住宅は光熱費が安いのが当たり前の基本

まず、はじめて新築の注文住宅で、なおかつ、高気密高断熱住宅を選ぶのであれば、次の高気密高断熱住宅の基本中の基本を覚えてくださいね。

高気密高断熱住宅とは「理想のライフスタイル(生活)が手に入る」のが基本。
その理想のライフスタイルを実現できる高気密高断熱住宅は次の通り。

24時間365日、つまり、1年中誰もが快適で大好きな桜が咲く季節の「春の快適さ」が家の中で実現できます。

これが、実現できてない高気密高断熱住宅はすべて欠陥住宅です。

なぜならば、高気密高断熱住宅の1番のメリットだし、だからこそ理想のライフスタイル(生活)だし、そもそも、新築の注文住宅の高気密高断熱住宅を選ぶのに、家の中が寒く、床暖房がない場所が冷たく寒ければ、高気密高断熱住宅のメリットのひとつである「1階も2階もすべての床がほぼ同じ温度で保つことができる」のに、床暖房を付けることを考えること自体が、本末転倒なんです。

高気密高断熱住宅は「床暖房なくても足元がポカポカと暖かいの当たり前」なんですよ。

だから、35年の住宅ローンを払うだけの価値があるんです。

あなたの選ぶ家は、35年の住宅ローンを払うに値するだけの価値がある新築の注文住宅の高気密高断熱住宅ですか?

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

はじめての無料メール相談は1回目は無料。
2回目からの相談料は、1回「980」
スカイプやLINEなどの無料通話を使った相談は1時間「3980」
直接合っての相談は1時間「19800」です。

まずは下記フォームから「家の相談がしたい」とご連絡ください。
こちらからの相談は無料です♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ