新築の寒い注文住宅の欠陥住宅は壁と床を手の平で触るだけで見分けられる?

新築の寒い注文住宅の欠陥住宅は壁と床を手の平で触るだけで見分けられる?

注文住宅選びのプロが教える欠陥住宅をカンタンに見抜く方法をご覧いただきありがとうございます。

欠陥住宅は手のひらで分かる?

突然ですが、新築の注文住宅で寒い欠陥住宅なんて見分けるのは素人でもカンタンなんですよ。

なぜならば、壁や床、そして、窓を手の平で触れば分かるからです。

良い家選びの基本中の基本ですが、まず冬に暖かい家は、なぜ冬に家の中が暖かいのか?

その答えは「壁、床、窓、天井が暖かいから家の中、部屋の中が暖かい」のです。

その反対に、壁、床、窓、天井が冷たかったら家の中や部屋の中はどうなるのでしょうか?

答えは家の中や部屋の中が冷たく寒い状態になります。

今の3月中旬から後半の時期、春の一歩手前なので、暖かい日は大阪なら壁の温度が16度前後です。

シャツ一枚では寒いですが、もう一枚来て、靴下も2枚履きからようやく、1枚になったくらいでしょう。

「スポンサードリンク」

新築の注文住宅で冬に寒い欠陥住宅は手の平で壁、床、窓、天井を触ると冷たい

日本の寒い冬に、家の中が冷たい、寒い場合、まずは壁、床、窓、天井を手の平で触ってください。

家の中や部屋の中が寒い場合、必ず、100%断言できますが、壁、床、窓、天井が冷たい状態です。

だから、エアコンなどの暖房を付けても、壁際や窓際、そして、足元が冷たいく寒く、エアコンなどの暖房のスイッチを消すと、すぐに寒くなるのです。

つまり、新築の注文住宅で暖かい家を手に入れるのであれば「壁、床、窓、天井が暖かい家」を選ぶこと、何よりも重要で大切な基準になります。

「スポンサードリンク」

春に新築の注文住宅を選ぶ人が失敗する理由とは?

春に新築の注文住宅を選ぶ人って失敗し欠陥住宅をつかまされる確率が高くなるって知ってました?

なぜならば、欠陥住宅は手の平でカンタンに見分けれる術を、あなたは勉強して身に付けました。

しかし、この知識を知らない人が春に住宅展示場の家や現場見学会、そして、新築の注文住宅の完成見学に行っても、壁、床、窓、天井を触ることもなく、日本で一番快適な時期に観に行くので、何も分からず「新築の注文住宅って快適〜♪」という流れになります。

しかし、あなたは、新築の注文住宅で家の中や部屋の中が冷たく寒いのは、壁、床、窓、天井が冷たいからと知ったので、まず、新築の注文住宅の見学や住宅展示場に行っても、そっと壁、床、窓、天井を手の平で触ってみるはず。

そして、手の平で触った温度=体で感じている温度なので、春は壁、床、窓、天井を触ってもちょうど良い温度なのは当たり前です。

なぜならば、春の壁、床、窓、天井の温度が一番快適な空間を家の中や部屋の中の快適な環境だからです。

欠陥住宅は手の平で分かる!

この場では、長くなってしまうので、説明を省きますが、もし、真冬と真夏に新築の注文住宅、大手ハウスメーカーの住宅展示場、そして、見学会などに行って、壁、床、窓、天井を触って冬は「暖かいと感じた」夏は「冷たいと感じた」ならば、まずは35年の住宅ローンを払うに価する基準に該当する会社になります。

しかし、次にとても重要で大切なのは「24時間計画換気システムが正しく動く=家の中が常に新鮮な空気が流れている状態+光熱費が安いこと」がすべてセットで「もれなく」ついてくることが、次へのステップに進むことができる建築会社選びです。

このように、大切なのは、初めての家選びでも、素人でも欠陥住宅なんて「カンタンに見分けられる」ということを、よく覚えておきましょう。

今日の内容は繰り返し読んでください。
そして、分からない部分などは質問してくださいね♪

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

先日、お客さんから「問い合わせってしにくい」と言われたんですけど、一生に一度の大切な家選びなので最初の3回までは無料なので、まずはお気軽に「家選び・家づくりの相談がしたい」とご連絡ください。
無料相談は下記フォームが便利ですよ(^_^)

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ