日本の家が寒いのは光熱費が高いから?全室暖房の暖かい家とは?

日本の家が寒いのは光熱費が高いから?

欧米の暖かい家

注文住宅選びのプロが教える欧米の全室暖かい家が当たり前をご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、寒い家って嫌ですよね?

日本の家は寒いのが当たり前です。

しかし、それは本当なのでしょうか?

答えは日本にも暖かい家が存在し「真冬でも欧米のライフスタイルのようにTシャツで過ごせるほど暖かい家を手に入れた家族がいる」です。

欧米では、真冬でも家の中は暖かいが当たり前?

「スポンサードリンク」

欧米の家は真冬家でも中が暖かいのが当たり前?

日本は冬、家の中が寒いのが当たり前だと思い込んでいるので、欧米の真冬でも家の中は暖かくて当たり前という概念が理解しづらいのですが、これをお読みのあなたは、本来、真冬でも「家の中は暖かいが当たり前」だと再認識してください。

なぜならば、1980年から日本でも欧米と同じように、玄関入ったらすべて暖かい部屋ばかりの家がありますからね。

つまり、35年前から、本当は日本でも欧米の暖かい生活が手に入っている訳です。

だから、これにたどり着いたあなたは、今から「日本の新築は真冬部屋の中が暖かくTシャツ一枚で過ごせるライフスタイルが手に入る」ことを覚えてください。

そして、欧米のライフスタイルのように、日本の新築の中古住宅でも、リビングだけ暖めるなどではなく「家全体を暖かくすることができる」と覚えてください。

そして、その欧米の家全体を暖かくする建築技術は、最近ではなく35年前の日本にはすでにあり、その欧米の建築技術で建てれらた家が少なくとも3万棟以上、日本にあることも覚えてください。

しかし、大きな問題がひとつあります。

それが、日本全国で3万棟くらいでは、全体の数字から見ると「0.1%」にも達っしません。

だから、知らない人が多いというよりも、見つける方が難しいという表現の方が正しいでしょう。

実際、あなたも「そんな夢のような家が、本当にあるのなら手に入れたいに決まっている」と思うでしょう。

「スポンサードリンク」

夢のような全室暖房が当たり前で省エネの欧米の暖かい家とは?

1980年から、日本でも欧米のように、玄関を入ったらすべての部屋や廊下からトイレ、洗面所、お風呂場はもちろん、家の中がすべて暖かい家があることを、あなたも知った訳ですが、これから、新築の中古住宅を建てるならば、ぜひ、日本にも欧米と同じような、資産価値の高い家を選んでくださいね。

そして、新築の中古住宅で家の中が寒いのは欠陥住宅だということもお忘れなく♪

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

先日、お客さんから「問い合わせってしにくい」と言われたんですけど、最初の3回までは無料なので、まずはお気軽に「家選び・家づくりの相談がしたい」とご連絡ください。
無料相談は下記フォームが便利ですよ(^_^)

素敵な時間

日本の新築の注文住宅の家が寒いのは床と壁と窓と天井が冷たいから?今すぐチェック!

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ