新築の注文住宅で高気密高断熱住宅なのに家の中が寒いのは設計に失敗

新築の注文住宅で高気密高断熱住宅なのに家の中が寒いのは設計に失敗した家の証です

新築の注文住宅で高気密高断熱住宅なのに家の中が寒いのは設計に失敗

注文住宅選びのプロが教える新築の注文住宅で暖かい家を手に入れる方法をご覧いただきありがとうございます。

高気密高断熱住宅って知ってますか?

はじめての家選びをしているなら、一度は聞いたことがあるでしょう。

あるいは「もちろん、冬暖かく夏涼しい高気密高断熱住宅を選びます」とお考えかもしれません。

そんなあなたに次の問題です。

冒頭の画像の雪が降っている家の中は次のどちらでしょうか?

A:家の外が寒いので家の中も寒い
B:家の外は寒いが家の中は暖かい

あなたの答えはどっちでしょうか?

ここで、答えが大きく分かれます。
なぜならば、見た目ではわからないからです。

ただし、欧米の、特に北欧などの正しい知識と技術、そして、良い技術を持つ職人が建てた欧米の高気密高断熱住宅ならば、家の外は雪が降っていようが、まったく関係なく「家の中」は常に暖かいという生活が手に入ります。

そして、あくまでも「正しい設計」によってということも忘れていけません。

「スポンサードリンク」

間違いだらけの日本の高気密高断熱住宅が寒いのは設計の失敗が原因?

日本では、ここ10年ほど高気密高断熱住宅が北欧のような寒い地域から日本へと輸入されてきましたが、なぜか「設計図」が正しく技術輸入されていません。

ここまでを、欧米の正しい知識を持った設計士が見ると「わかってない」と100%言われます。

なぜならば、次のことを忘れているからです。

それが「24時間計画換気システム付きの高気密高断熱住宅」が正しい知識を持った設計士が言う、欧米の高気密高断熱住宅だからです。

日本にも24時間計画換気システム付きだと言いますが、実は、まったく動いていません。
動いてないというのは「換気ができてない」という意味です。

「スポンサードリンク」

24時間計画換気システムが動いてない日本の高気密高断熱住宅

はじめて家を建てる人は、このあたりがよく分かりません。

しかし、検査すればはじめて家を建てる人でもカンタンにわかります。

なぜならば、機械が測定してくれるからです。

ただし、もっとカンタンで0円で分かる方法があります。

その方法が「トイレが臭くない家」ならば、24時間計画換気システムが正常に動いてる、欧米の正しい知識で設計し、正しい技術で建てらた高気密高断熱住宅です。

なぜならば、トイレが臭い家、お風呂場が乾かない家、家の中が臭い家、家の中で焼肉したら2時後には家の中の空気が入れかわっちええるからです。

24時間計画換気システムとは「2時間に一回、家の中のすべての空気を入れ替える設計と技術」です。

だから、トイレが臭くなるわけがないし、お風呂から上がって、お風呂が朝には乾いているのが当たり前なのです。

そして、家の中の空気を2時間に一度入れ替えても「光熱費が安くできる」というのが欧米の高気密高断熱住宅です。

はじめての新築で注文住宅を選ぶ方は、今日の知識は最低限の知識ですので、必ず覚えて活用することが条件です。

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。
まずはお気軽に「はじめての注文住宅選びで悩んでるんです」とご連絡くださいね♪

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ