注文住宅選びのプロが教えるお風呂もリビングの足元も寒くない家とは?

注文住宅選びのプロが教えるお風呂もリビングの足元も寒くない家とは?

寒い新築

注文住宅選びのプロが教える欧米の良い新築の注文住宅選びをご覧いただきありがとうございます。

新築なのに、足元がスースーしたり、リビング階段だから寒く、足元が冷たい。

普通に聞けば、その通りだと思いますよね。

リビング階段がある間取りのリビングは足元が寒く冷たい。
リビング階段があるからリビングが寒いと。

それが当たり前だと。

いえいえ、リビング階段があっても、足元が寒く冷たいことは、まったく関係ありません。

そして、もし、画像のような欧米のように、大きなバスルームを、真冬に部屋全体を暖かくできるんですか?質問されたとすれば「バスルームだけでいいんですか?」と答えます。

なぜならば、バスルームだけ暖かくするだけならば、超簡単過ぎるからです。

「スポンサードリンク」

暖かい家の設計の失敗が新築なのに寒い家

だってね、よく考えて欲しいんですよ。

リビングだけとか、洗面所やトイレだけ暖かく、その他のスペース=部屋は寒いなんて、そんな新築の注文住宅に住宅ローンを35年間も払い続けたいですか?

あなたは、そんな新築の注文住宅に価値があると思いますか?

ぼくは思いません。

だって、足元が寒い家って、単に、暖かい家の設計に失敗した新築の注文住宅の家ですからね。

欧米のように、築100年の家でも、みんなが住みたいと家の価格が下がらないだけ価値の高い新築の注文住宅を、欧米のように建てなければ、これからの時代終わりです。

「スポンサードリンク」

住宅ローンを35年間払い続けるだけの価値ある新築の注文住宅選びとは?

では、住宅ローンを35年間払い続けるだけの価値ある新築の注文住宅選びとは、どのような家でしょうか?

答えは次のことくらいは最低限覚えましょう。

・床暖房がなくても足元が暖かい家
・リビング階段や吹き抜けがあっても足元が寒くない家
・トイレが暖房がなくても暖かい家
・廊下が床暖房がなくても暖かい家
・2階と1階の温度差が5度以内の暖かい家
・お風呂場にカビが生えない家
・北側の部屋が寒くない家
・窓に結露がない家
・トイレが臭くない家

言い出せばキリがないですが、最低でも上記をクリアしてからが、注文住宅づくりの始まります。

上記をクリアすれば良い家ではなく、ゴールでもありません。

あくまでも、これらの条件をクリアすることが「良い注文住宅選びのスタート地点」です。

このスタート地点を間違うから、引越ししてから「こんなはずじゃなかった、、、」と後悔するんです。
スタート地点が違うんですよ。

「スポンサードリンク」

北海道の家の寒さ対策と日本家が寒い理由とは?

ここまで勉強したら、北海道くらいの寒さでも、リビング階段があっても、吹き抜けがあっても、床暖房がなくても足元が寒くない家が、当たり前だと気付いてきてるはず。

そう。

床暖房がなければ足元が寒い家こそ「暖かい家の設計の失敗が新築なのに寒い家の証」です。

なぜならば、欧米には床暖房がなくても、足元が暖かい家なんてたくさんありますし、僕自身、1999年からは床暖房がなければ足元が寒い家に、住宅ローンを35年間も施主に対して払うような家なんて提供したことがありません。

理由はカンタンです。

それは欧米の良い家の知識と技術を勉強したからです。

そして、欧米の良い家の知識と技術を、日本に輸入し、床暖房がなくても足元が暖かい家を完成することができたのが1999年です。

夏涼しく冬暖かい、いい家なんてカンタンなんです。
それよりも大切な「あなたの理想のライフスタイル」を実現できる家を手に入れることです。

注文住宅選びの悩みは、下記の無料相談フォームをご利用くださいね(^_^)

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ