注文住宅選びのプロが教える新築なのに寒い家の原因と理由とは?

注文住宅選びのプロが教える新築なのに寒い家の原因と理由とは?

注文住宅選びのプロが教える新築なのに寒い家の原因と理由とは?

注文住宅選びのプロが教える欧米のオシャレ術をご覧いただきありがとうございます。

大きな窓。

日本で新築の注文住宅を建てる人は、100%と言えるほど「大きな窓が欲しい」
理由は?

「部屋を明るくしたいから」

なるほど。
部屋を明るくしたいから窓を大きくしたいというのはわかります。

しかし、、、

日本の家は冬寒い。
暖房しても、足元が寒い。

これが、日本では当たり前の常識です。

では、欧米でも同じように暖房しても部屋の中が寒く足元が冷たいのでしょうか?

答えは「欧米の家は冬部屋の中が暖かく足元も暖かい」

「スポンサードリンク」

日本の家は部屋が寒いけど欧米の家は冬暖かい?

冒頭の画像を見てもらえれば、一目瞭然なんですが、窓が大きいでしょ?

日本の家よりも大きいのが欧米の家。

しかし、なぜか、日本の家よりも冬暖かい。

その理由がわかりますか?

答えは「窓の寒さ対策をしているから」です。

窓から冬の寒が入ってきて、高い光熱費を払い部屋を暖房して暖かくしたのが、窓から逃げていってることは、少し家の勉強すればわかることなので、ここでは割愛しますが、日本の家が寒いのは「窓」という人は、50%あっていますが、50%間違っていますが、それもここでは割愛します。

さて、なぜ、新築なのに日本の家は部屋の中が寒い家ばかりなのでしょうか?

その原因と理由はいったい何なのでしょうか?

答えは「窓の寒さ対策をしてないから」です。

もう一度、画像をご覧ください。

注文住宅選びのプロが教える新築なのに寒い家の原因と理由とは?

窓の手前に見えますが、温風を下から出すように設計されています。
これが、窓の寒さ対策です。

いまでもありますが、窓のしたに温水を流したりする方法もあります。

つまり、大きな窓でなく、小さな窓でも、本来は窓には寒さ対策が必要不可欠なんです。

しかし、それが日本では注文住宅づくりのプロでも知らない。
これが一番の問題なんです。

仮に、画像のように窓の寒さ対策ができなくても、欧米には他に方法があります。
日本の新築の注文住宅なのに部屋が寒い家ではなく、欧米のように、部屋の中が暖かい家が当たり前だという常識が日本でも普及して欲しいと思います。

新築の注文住宅なのに寒い家に、住宅ローンを35年も払うのは嫌だという、悩みをお持ちのあなたは、下記のフォームから無料相談をご利用くださいね♪

家は一生に一度のことですから、後悔しないようにしてくださいね。

正しい勉強すれば、必ず納得の行く素敵なライフスタイルが過ごせる注文住宅が手に入りますよ(^_^)

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ