なぜ寒い家は欠陥住宅なのか?日本の家と注文住宅が寒い理由とは?

なぜ寒い家は欠陥住宅なのか?

なぜ、日本の家は寒いのか?

もちろん、新築で、しかも注文住宅で、さらに、高気密高断熱住宅なのにも関わらず、欧米の高気密高断熱住宅は、真冬でも靴下を履かなくても良いくらい、家の玄関はもちろん、部屋の中や、寝室、子供部屋、トイレ、廊下、洗面室、お風呂(バスルーム)などなど、家の中が暖かいが当たり前なのか「欧米の高気密高断熱住宅」です。
「スポンサードリンク」

日本の家と注文住宅が寒い理由とは?

日本の家や注文住宅が寒くて、欧米の家が暖かい理由は、とても簡単なこと。

答えは、日本の建築会社は「高気密高断熱住宅の知識と技術を知らないから」

なぜならば、住宅先進国であるスゥエーデンを筆頭に、北欧や、北米=アメリカとカナダなどの寒い地域の高気密高断熱住宅は、もし、高気密高断熱住宅と建築のプロが伝えた上で契約をしたならば、日本の家のように、家の中や部屋の中が寒くないなからです。

日本で、家や注文住宅は一生に一度のこと。

だからこそ、新築、特に注文住宅で、なおかつ、高気密高断熱住宅だと説明があったにも関わらず、家の中や部屋の中が寒い家は「欠陥住宅」だと、施主側の論理で言い切れる時代が来てほしいと願っています。

「スポンサードリンク」

選ぶならば、欧米の高気密高断熱住宅を契約しましょう

もし、あなたがこれから、日本で暖かい家を本当に欲しいのであれば、最低限の基準として、欧米の優れた本物の高気密・高断熱住宅を選びましょう。

そして、高気密高断熱住宅で足元が寒かったり、廊下やトイレ、そして、洗面所やお風呂が寒くない、玄関を入ったら、家の中のすべてが暖かい、本物の欧米の高気密高断熱住宅を選びましょう。

1999年から今日まで、ぼくは、そんな素敵な家を施主へ提案しています。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ