冬暖房して足元が寒い家は欠陥住宅の証です。問題の相談はお任せ!

冬暖房しても足元が寒い家は欠陥住宅の証です。問題の相談はお任せ!

真冬に暖房しても足元が寒い家は欠陥住宅の証だと日本中で基準を決めれば、欠陥住宅の問題がなくなるのにって、素朴に思います。

冬暖房して足元が寒い家は欠陥住宅の証です。問題の相談はお任せ!

そして、欠陥住宅って、そもそもですが「図面の段階で100%見抜ける」これを知らない人多すぎ。

だから、建築中に欠陥住宅の検索するなんて本末転倒。
なぜならば、図面の段階で欠陥住宅は見抜いておけば、建築中は楽しく我が家が出来上がっていくのを楽しめる訳です。

だからこそ「冬に暖房して足元が寒い家は欠陥住宅」だと施主が自信を持ってハウスメーカーだろうが工務店だろうが、設計士や建築家に言わなければ、日本の欠陥住宅問題は解決しません。

「スポンサードリンク」

冬に家の中を暖房しても寒く光熱費が高ければ欠陥住宅ですよ

もっとシンプルに欠陥住宅の定義を決めればいいんですよ。
次のように。

「冬に家の中を暖房しても寒く光熱費が高ければ欠陥住宅」

なぜならば、こうすれば、冬に寒いから暖房する訳で、それなのに家の中が寒いなんてありえないし、さらに、冬寒いからこそ暖房を付けるのに光熱費が高いなんて、それもありえなくないですか?

さらに最悪なのは次のような家です。

「スポンサードリンク」

高気密高断熱住宅なのに冬暖房しても足元が寒く光熱費が高い注文住宅

ぶっちぇけ、高気密高断熱住宅以外なら、冬に暖房して足元が寒くてもしょうがないんですよね。

なぜならば、高気密高断熱住宅は冬暖房したら足元が暖かく光熱費が安くとてもお得な家を作るために設計された注文住宅だからです。

だから「高気密高断熱住宅なんて大嫌い!」いまの時代にはずいぶん少なくなったようですが、高気密高断熱住宅が大嫌いなら他の注文住宅の家を選択し選べば良いだけですし、すべての人にとって高気密高断熱住宅の冬に足元が暖かく光熱費が安くて気にならないなんて家が気にいるはずもないしね(^^)

足元が寒いのは欠陥住宅ですよ

ただし、やっぱり、日本の寒い冬は苦手。
それに、朝の寒いキッチン(台所)に立つのはイヤ。
そして、光熱費が安くお得になるような高気密高断熱住宅の注文住宅って魅力的な家。

このように魅力的な家に感じるならば
まずはお気軽に相談してください。

そうそう質問は無料相談をご利用ください(^^)

3回までは無料ですので、この機会に本物のいい家の知識を手に入れてください。
「本物いい家の知識を手に入れたい」と無料相談をお使いください♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

はじめての家選びで安心して家づくりができる方法

はじめての家選びを安心して家づくりを行う方法とは?

その答えは「欠陥住宅は建てる前に見抜いておくべきこと」を、あらかじめ知ることです。

家を建てる前に欠陥住宅を見抜いてる訳ですから、だからこそ、建築中は安心して家づくりを楽しめる訳です。
これはかなり重要なのでよく覚えておいてくださいね。

現在、キャンペーンで通常なら欠陥住宅の検査は200万円以上しますが、限定10名のみ19.8万円で欠陥住宅の心配がない家づくりを建てる前に保証します。詳しくは個別でお伝えしますので、まずは下記の無料相談フォームから、現在の家選び・家づくりの心配や問題、あるいは、悩みなどをお気軽にご相談ください。※相談は3回までは完全無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

2014年は多くの欠陥住宅が建てられました。
2015年も、上記でお伝えしたような内容を知らずに多くの方が、欠陥住宅を掴まされ、そして、住宅ローンを35年間も払い続けさせられる状況になります。

まずは家選びや注文住宅の悩みを解決してから、良い家を手に入れてください。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ