新築戸建の注文住宅の家の中が寒い高気密高断熱住宅は欠陥住宅の訳とは?

新築戸建の注文住宅の家の中が寒い高気密高断熱住宅は欠陥住宅の訳とは?

今日、ふとどんな検索キーワードで、注文住宅や欠陥住宅、そして、新築なのに寒い家などを探しているのか調べてみたんですけど、ざっと、いまは次のような内容でした。

それを、目の前で質問されているようなイメージで、考えずに即答しながら答えを書き出してみましたので、新築なのに寒い、高気密高断熱住宅なのに家が寒いなどなど、こんなのすべて図面の段階で見抜けることばかりですので、まずは読んで正しい知識を学んでください。

新築戸建の注文住宅の家の中が寒い高気密高断熱住宅は欠陥住宅の訳とは?

※【注意】本気でいい家を手に入れたいと考えていない方はこの先は見ないでください。

新築一戸建て寒い

そもそも、新築で寒いのは欠陥住宅そのもの。
だから、残念ながら、建ててしまったのであれば手遅れとしか言いようがない。
なぜならば、勉強不足の一言。
だから、これをお読みの方は、家を建てる前に、契約をする前にキチンした注文住宅や高気密高断熱住宅の勉強をして知識を得てからにしてください。

新築なのに寒いのは一年目だから?

新築で寒いのは10年後も30年後もずっと寒いです。
そもそも、新築で寒いというのは欠陥住宅ですから。
ここだけの話、寒い家を暖かくするにはかなりの費用が必要ですし、具体的には新築と同じくらいかかります。
だから、契約前に図面の段階で高気密高断熱住宅なのに家の中寒い家や、新築なのに家が寒いなどの完成して引っ越しをしてから「こんなはずじゃなかった・・・」と泣き言をいわなくても良いように、図面の段階で家の中が寒い冷たい高気密高断熱住宅や、新築なのに家の中が寒いなどは見抜いてから契約しましょう。

新築は寒い?北海道の家は寒い?

まず、新築は暖かい。
そして、北海道の家が日本では一番優秀で暖かい家が多いという事実を基本してください。

これが、ぼくが持っている正しい注文住宅や高気密高断熱住宅の知識と技術と結果です。

さて、新築で寒いという「建ててしまった後で、、、」知ることの代表例ですね。
しかも北海道でとなれば笑ってられません。
しかし、すべては勉強不足ですので、これをお読みの方は正しい知識を勉強しましょう。
図面の段階ですべて新築なのに寒いのか?
そして、高気密高断熱住宅なのに寒いなどは、すべて図面に「この新築は家の中が冬寒いですよ」「この高気密高断熱住宅は家の中寒いし、光熱費も高いですよ」と書いてますので。

新築が寒いのはなぜ?

これもボタンの掛け違いの人が多いんですが、まず、本来、新築や高気密高断熱住宅は暖かいというのが基本です。
そうでなければ、新築を建てる意味も、そして、高気密高断熱住宅を建てる意味がないでしょ?
しかし、日本の場合、決まって「新築なのに寒い」「高気密高断熱住宅は暖かいと聞いたのに家の中が寒い」というクレームと思われていることが多いんですが、それは、カンタンな話「寒い新築を選んだだけ」です。
それ以上でもそれ以下でもありません。
だからこそ、正しい知識で「新築は暖かい」という当たり前の家を手に入れる勉強をしましょう。

「スポンサードリンク」

新築の寒さは欠陥住宅?

はい、新築で家の中が寒いのは欠陥住宅です。
なぜならば、本来、正しい知識で建てられた新築は寒くありません。
新築で寒いのは、間違った知識で建てられた新築の家だけが寒いだけです。

高気密高断熱とはどんな家ですか?

ズバリ、新築で暖かいの基本中の基本で、それらを最低限守られた家のことです。
つまり、日本の家の中が寒いという悩みや問題を解決するために考えられた工法です。

高気密高断熱住宅のデメリットとメリットとは?

デメリットはズバリ「な〜んちゃって高気密高断熱住宅が多いこと」です。
もっと言えば、日本は偽の高気密高断熱住宅が多すぎます。
なぜならば、本当の、あるいは本物の高性能住宅の最高峰である高気密高断熱住宅であれば、新築で寒いのが当たり前のように言われていますが、新築は暖かいが本当の高気密高断熱住宅を手に入れた方たちが世界中でおっしゃる当たり前の基準です。

断熱テープの役割は?

これは、本来、気密のために必要な施工手順(工事手順)です。
ここを知らないプロが多いのと素人からすればよく分からないために、勉強しなかったり、よくわからないという理由で、気密に関しての知識や勉強を置き去りしていますが、高気密高断熱住宅で一番大切なのは「高気密の工事(施工)です。
なぜならば、家が完成してから手直しするとしたら、骨組みの状態まで戻さなければ不可能だからです。
だから、いつまで経っても新築は寒い、寒い新築が欠陥住宅でも、手直しのしようがないのが、実は、素人が知らない高気密高断熱住宅の裏側です。
もし、本当の高気密住宅を手に入れたら、驚くほど家の中の寒さがなくなり暖かくなりますからね。
だから、その延長線上にあるのが「断熱と24時間計画換気システム」なんですよ。

高気密高断熱住宅の欠点とは?

高気密高断熱住宅の欠点を探す人がいますが、まずありません。
もちろん、本物の高性能住宅の最高峰である高気密高断熱住宅の場合に限るというのが大前提ですが。
唯一あるとすれば、年収で500万円以上の人たちが選べる注文住宅です。
なぜならば、軽自動車の価格では、本当で本物の高気密高断熱住宅は買えないし誰も原価を割ってまで赤字で提供してくれるプロはいません。
それが当たり前のことですが一番の理由です。

「スポンサードリンク」

高気密高断熱住宅の比較のポイントとは?

実は、これって高気密高断熱住宅を一番知らない人たちが比較する質問なんです。
なぜならば、比較というのも、おかしな話で、本来、高気密高断熱住宅はすべて同じ性能やレベルであるべきだからです。
特に日本の場合で言うと、北海道も沖縄も寒い暑いを勘違いしているから、勘違いしているだけで、本来、家の中の暑さをどうやって防ぐのか?家の中の寒さをどうやって防ぎ暖かくするのか?は高気密高断熱住宅が問題の解決をしています。

そして、なぜ、本来、高気密高断熱住宅はすべて同じ性能やレベルであるべきなのか?
なぜならば、自動車ではないからです。
もし、比較するとしたならば、外壁材やキッチンなどになりますが、それは高気密高断熱住宅の比較ではありません。
キッチンの比較は、単にどれだけの費用をキッチン費用として支払ったかだけの話に過ぎません。
そして、外壁材も同じこと。
あくまでも、高気密高断熱住宅の比較をしたいのであれば、せめて、窓や断熱材などを比較するのは必要ですが、基本、日本の高気密高断熱住宅の性能は同じであるべきなので、それらを知らない・分からないの単なる勉強不足なので、もう一度はじめから基本に戻って勉強しなおしてください。
それが一番の早道でそれ以外には、ボタンの掛け違いを治す方法は見当たりません。

上記、質問は無料相談をご利用ください(^^)
3回までは無料ですので、この機会に本物のいい家の知識を手に入れてください。
「本物いい家の知識を手に入れたい」と無料相談をお使いください♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

はじめての家選びで安心して家づくりができる方法

はじめての家選びを安心して家づくりを行う方法とは?

その答えは「欠陥住宅は建てる前に見抜いておくべきこと」を、あらかじめ知ることです。

家を建てる前に欠陥住宅を見抜いてる訳ですから、だからこそ、建築中は安心して家づくりを楽しめる訳です。
これはかなり重要なのでよく覚えておいてくださいね。

現在、キャンペーンで通常なら欠陥住宅の検査は200万円以上しますが、限定10名のみ19.8万円で欠陥住宅の心配がない家づくりを建てる前に保証します。詳しくは個別でお伝えしますので、まずは下記の無料相談フォームから、現在の家選び・家づくりの心配や問題、あるいは、悩みなどをお気軽にご相談ください。※相談は3回までは完全無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

2014年は多くの欠陥住宅が建てられました。
2015年も、上記でお伝えしたような内容を知らずに多くの方が、欠陥住宅を掴まされ、そして、住宅ローンを35年間も払い続けさせられる状況になります。

まずは家選びや注文住宅の悩みを解決してから、良い家を手に入れてください。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ