新築の高気密高断熱住宅なのに寒いのは欠陥住宅?検査費用はどれくらい?

新築の高気密高断熱住宅なのに寒いのは欠陥住宅?検査費用はどれくらい?

※【注意】本気でいい家を手に入れたいと考えていない方はこの先は見ないでください。

新築の高気密高断熱住宅なのに寒いのは欠陥住宅?

「スポンサードリンク」

まず、新築で高気密高断熱住宅なのに寒い家は100%「欠陥住宅の証」です。
なぜならば、真冬に寒くないのが「高気密高断熱住宅の証」だからです。

その高気密高断熱住宅なのに真冬に寒いのは、完全なる欠陥住宅の証です。

欠陥住宅の検査費用はどれくらい?

そこで気になるが「欠陥住宅の検査費用」です。

これは、最低でも200万円は必要になります。
もちろん、それ以上かかる場合の方が多いのが現状です。

しかし、ここでよく考えて欲しいのは「なぜ、欠陥住宅って建てる前、つまり、図面の段階で分かるのに検査をしなかったのか?」
ぼくはいつもここが不思議なんです。

なぜならば、そもそも欠陥住宅って図面の段階で100%分かるからです。
そして、欠陥住宅を図面の段階で見抜いておけば、200万円以上の多額の費用を、そのまま建築費に使えるので「より良い家」が実現できます。

欠陥住宅の検査は建てる前の図面の段階で見抜く?

このサイトをお読みの方は、残念ながら建築中の方や建ててしまって「そんなはずじゃなかった、、、」という方もいるはずですが、一番、見つけて欲しい人は「まだ契約前の施主」です。

そして、少なくとも「図面の段階」の施主です。

一番良いのは「契約前」の施主。

なぜならば、契約して建築が始まったり、完成して引き渡しが終わり、引っ越しをしてからでは、あなたが欠陥住宅で勝つのは難しいからです。
なぜならば、日本の家の基本は「冬寒く、夏暑く光熱費が高い」という、建築会社のホームページ上や営業マンは、みんな「冬暖かく、夏涼しく光熱費も安い注文住宅です」といいますが、実際、新築なのに、あるいは、高気密高断熱住宅なのに冬寒いという欠陥住宅ばかりだからです。

だからこそ、あなたも今、これをお読みなのが証拠でもあります。

これまで多くの方が、契約して、不安なまま建築がはじまり、建築途中で「もしかして欠陥住宅なのでは、、、?」と不安になり、欠陥住宅の検査会社へ多額費用を払い、欠陥住宅の検査や調査などを行い、そこで欠陥住宅を発見し、建築会社、工務店、設計者、建築家、営業マンなどともめて、結局、裁判して負けたり思うような結果を得られない。これが欠陥住宅を掴まされた施主の結末です。

「スポンサードリンク」

はじめての家選びで安心して家づくりができる方法

はじめての家選びを安心して家づくりを行う方法とは?

その答えは「欠陥住宅は建てる前に見抜いておくべきこと」を、あらかじめ知ることです。

家を建てる前に欠陥住宅を見抜いてる訳ですから、だからこそ、建築中は安心して家づくりを楽しめる訳です。
これはかなり重要なのでよく覚えておいてくださいね。

現在、キャンペーンで通常なら欠陥住宅の検査は200万円以上しますが、限定10名のみ19.8万円で欠陥住宅の心配がない家づくりを建てる前に保証します。詳しくは個別でお伝えしますので、まずは下記の無料相談フォームから、現在の家選び・家づくりの心配や問題、あるいは、悩みなどをお気軽にご相談ください。※相談は3回までは完全無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

2014年は多くの欠陥住宅が建てられました。
2015年も、上記でお伝えしたような内容を知らずに多くの方が、欠陥住宅を掴まされ、そして、住宅ローンを35年間も払い続けさせられる状況になります。

まずは家選びや注文住宅の悩みを解決してから、良い家を手に入れてください。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ