欠陥住宅は建てる前に見抜く事?新築なのに家が寒い足元が冷たい訳?

はじめての家選び、欠陥住宅は建てる前に見抜く事?

※【注意】本気でいい家を手に入れたいと考えていない方はこの先は見ないでください。

欠陥住宅は建てる前に見抜く?

突然ですが、欠陥住宅は建てる前に見抜くということを大前提に覚えてください。
なぜならば、欠陥住宅は建てる前に見抜くことが基本でなければ、まずいい家が手に入らないからです。

つまり、なぜ、みんながいい家が手に入らずに、建築中に欠陥住宅の検査費用に200万円以上も払って、ドキドキしながら我が家を建てるかと言えば、大前提としては「欠陥住宅は建てる前に見抜く」このことを知らないからです。

もっと言えば、欠陥住宅は図面を見れば3秒で分かる。

これがぼくのモットーですし、知り得たことです。

「スポンサードリンク」

新築なのに家が寒い足元が冷たい訳?

たとえば「欠陥住宅は建てる前に見抜く」ということを知っていれば、寒い冬の時期に「新築なのに足元が寒く冷たい」という目に合わなくてすみます。

つまり、なぜ、新築なのに足元が冷たく寒いになってしまったのか?この答えが分かります。

新築なのに足元が冷たく寒い家になってしまうのは、基本的に「図面段階での設計ミス」
そして、建築での施工ミスのどちらかですが、基本的に「図面段階での設計ミス」を見抜いておけば、経験からですが、100%と断言できるほど、建築による施工ミスはありません。

だからこそ、欠陥住宅を気にするのであれば「欠陥住宅は建てる前に見抜く」が、とても大切になります。

ただし、はじめて家選びをする方、そして、建築や注文住宅に詳しくない方であれば、専門家に相談してください。
と普通ならばお伝えしますが、まぁ、ほとんどの家づくりのプロが図面の段階で欠陥住宅を見抜く方法を知らないので、かなり注意してください。

「スポンサードリンク」

はじめての家選びで安心して家づくりができる方法

はじめての家選びを安心して家づくりを行う方法とは?

その答えは「欠陥住宅は建てる前に見抜いておくべきこと」を、あらかじめ知ることです。

家を建てる前に欠陥住宅を見抜いてる訳ですから、だからこそ、建築中は安心して家づくりを楽しめる訳です。
これはかなり重要なのでよく覚えておいてくださいね。

現在、キャンペーンで通常なら欠陥住宅の検査は200万円以上しますが、限定10名のみ19.8万円で欠陥住宅の心配がない家づくりを建てる前に保証します。詳しくは個別でお伝えしますので、まずは下記の無料相談フォームから、現在の家選び・家づくりの心配や問題、あるいは、悩みなどをお気軽にご相談ください。※相談は3回までは完全無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

2014年は多くの欠陥住宅が建てられました。
2015年も、上記でお伝えしたような内容を知らずに多くの方が、欠陥住宅を掴まされ、そして、住宅ローンを35年間も払い続けさせられる状況になります。

まずは家選びや注文住宅の悩みを解決してから、良い家を手に入れてください。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ