家が寒いのは欠陥住宅の証拠?注文住宅選びで失敗しない方法とは?

新築なのに家が寒いのは欠陥住宅の証拠?

※【注意】本気でいい家を手に入れたいと考えていない方はこの先は見ないでください。

2015年の現在、インターネットを検索して調べると、日本の住宅、家、注文住宅のあらゆる問題が見つかりますが、いまの寒い時期は主に次のような家や住宅の問題です。

新築なのに家が寒い。
日本住宅は寒い。
日本の住宅は寒い?
吹き抜けは寒い
夏涼しいのは冬寒い
日本の住宅はなぜ寒いの?

「スポンサードリンク」

正直、これをお読みのあなたは「寒い家は欠陥住宅」とハッキリと認識してください。

つまり、新築でしかも注文住宅で寒い家は完全に100%欠陥住宅以外の何者でもない。
これくらい断言しないと分からない人が多すぎ。

新築で床暖房がある家や注文住宅は欠陥住宅?

次によく質問が来ますが、新築でしかも注文住宅で床暖房がある家も、100%完全に欠陥住宅です。
なぜならば、よく考えてください。
床暖房がある場所ってどこですか?

基本、リビングルームの一部だけですよね?

「リビングルームの一部だけ」

なんか変な話やと思いませんか?

だって、リビングルームの一部だけしか足元が暖かくないってことでしょ?
ということは、つまり、その他の部分は冷たいのを証明しているのが床暖房です。

さらに、床暖房を使った人ならば知ってるように「光熱費が高い」
だから、床暖房を使ったことがない、あるいは、床暖房を使うことに躊躇する人が多いこと。

まぁ、こんなくだらん議論に付き合ってもしょうがないので、これから新築を注文住宅で建てる人は覚えておいてください。

床暖房が必要な家は100%欠陥住宅だと言うことを。

「スポンサードリンク」

新築で注文住宅なのに床暖房が必要な家は100%欠陥住宅の理由とは?

なぜ、床暖房が必要な家は100%欠陥住宅の証なのかと理由を言えば、少なくとも、日本だけでも3万棟以上の「床暖房がなくても真冬に足元が寒くない家を体験できるから」です。

体験できるってことは、難しい理論や知識など無用・不要ですから、はじめて家を建てる人でも、カンタンに経験して体験するだけですから分かりやすいですよね?

1+1=2の答えは知っているけど、良い注文住宅の答えを知らないのが日本人。

床暖房がある家は欠陥住宅。
冬に寒い家は欠陥住宅。
新築で寒い家は欠陥住宅。

これくらいは、これから家を新築で注文住宅を建てる人ならば、かならず覚えておきましょう。
そして、注文住宅を選ぶ時には、契約する建築会社に「床暖房がなくても足元が寒くない家です」と署名してもらいましょう。

なぜならば、あなたは住宅ローンを35年間も払い続けるだけではなく、光熱費を生涯払い続けることを、よく認識しくてください。

間取りについても色々とお伝えしたいことは山ほどありますが、まずは寒い家、そして、床暖房が必要な家は欠陥住宅と基準を決めましょう。

ご相談は下記の無料相談フォームをご利用ください♪

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

はじめての家選びで安心して家づくりができる方法

はじめての家選びを安心して家づくりを行う方法とは?

その答えは「欠陥住宅は建てる前に見抜いておくべきこと」

家を建てる前に欠陥住宅を見抜いてる訳ですから、だからこそ、建築中は安心して家づくりを楽しめる訳です。
これはかなり重要なのでよく覚えておいてくださいね。

現在、キャンペーンで通常なら欠陥住宅の検査は200万円以上しますが、限定10名のみ19.8万円で欠陥住宅の心配がない家づくりを建てる前に保証します。まずは下記の無料相談フォームから、現在の家選び・家づくりの心配や問題、あるいは、悩みなどをお気軽にご相談ください。※相談は3回まで完全無料です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

2014年は多くの欠陥住宅が建てられたようです。
2015年も、上記でお伝えしたような内容を知らずに多くの方が、欠陥住宅を掴まされ、そして、住宅ローンを35年間も払い続けさせられる状況になります。

まずは家選びや注文住宅の悩みを解決してから、良い家を手にれてください。

「スポンサードリンク」

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ