欠陥住宅は夏暑く冬寒く光熱費が高いのが常識で長く住めないのか?

欠陥住宅は夏暑く冬寒く光熱費が高いのが常識でなぜ長く住めないのか?

日本の家は夏暑い。

日本の家は光熱費が高い。

日本の家はカビが生える。

日本の家は長く住めない。

言い出せばキリがないほど
日本の家は問題だらけです。

そして、その家の問題を
解決しないまま新築を建てる。

あるいは、家の問題が
解決してないのに選ぶ施主がいる。

なぜ、欧米のように
日本の家も長く住むことができないのか?

その理由は単純で
長く住めない家の作り方で建てているから。

これが答えです。

「スポンサードリンク」

なぜ、日本の家は暑く涼しい家が出来ないのか?

日本の家は高いのに
夏暑く、欧米の家のように
長く住めない、つまり
欠陥住宅なんですが

では、日本の暑い家を
涼しい家に出来ないのか?

実は、涼しい家にするのは
カンタンなんです。

たとえば、次のような
画像の家が日本には多いです。

それが、、、

欠陥住宅は夏暑く冬寒く光熱費が高いのが常識で長く住めないのか?

そう、太陽の光が家の中へ
入ってくるような大きな窓のある家。

これ、常識で考えて
涼しい家のはずがありません。

だって、太陽の熱い光が
部屋の中に直接入ってくるって
サウナに入ってるのではないので
地獄でしょう。

でも、日本の家って
ほとんどが、大きな窓を
作って、太陽の光が入ってきて
困って悩んでいる。

夏、暑い地域の
家づくりとしては
最低というかご法度です。

「スポンサードリンク」

暑い地域の涼しい家の作り方とは?

今回、夏の暑さについて焦点を絞り
冬の寒さについてはまたの機会に
しますが、本来、夏暑い地域の
家の窓は「小さくが基本」です。

なぜならば、窓から暑い熱が入ってくるからです。

家の中で1番暑さが入ってくるのを
防ぐのが難しいの窓です。

だから、そんな窓を
大きくするなんて発想は
そもそもが馬鹿げているか
夏の暑い地域の家づくりを
知らない人の考え方です。

窓を大きくすれば夏涼しい。

そんな馬鹿なことは
真夏のお昼や熱帯夜に
なれば分かりますよね?

真夏の30度を超す
ジメジメとした時に
どれだけ窓を開けても
涼しい風なんて
まったく入ってこない。

むしろ、大きな窓を開けても
風が吹いていなければ
どれだけ大きな窓
あるいは、壁いっぱいの窓でも
涼しい風なんて入ってこない。

そして、仮に風が吹いても
部屋の中に入ってくる風は
生暖かくジメジメした風ばかり。

ここまで説明すれば
お分かりの通り

真夏に窓を開けて涼しい家の基準は
標高500メートル以上の
限られた地域に建つ家に限定されます。

それ以外の地域に建つ
つまり、暑い地域に
お住まいのほぼ99%の家には

大きな窓は危険だと言う訳です。

まずは、この自然の法則を
理解することが大切で

この自然の法則を理解した人だけが
いい家の扉を開くことが出来ます。

「スポンサードリンク」

はじめての注文住宅選びの悩みなどは、下記の無料相談フォームをご利用ください(^_^)
あなたの注文住宅選びの悩みをすべて解決します。

はじめての無料メール相談は1回目は無料。
2回目からの相談料は、1回「980」
スカイプやLINEなどの無料通話を使った相談は1時間「3980」
直接合っての相談は1時間「19800」です。

まずは下記フォームから「家の相談がしたい」とご連絡ください。
こちらからの相談は無料です♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

佐藤が共著でお手伝いした本が出版されています。
大手ハウスメーカーや地場の工務店、そして、設計士向けに書いた「省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) 」ですが、はじめての注文住宅選びで悩んでいる施主が読んでもためになりますよ。内容はプロ向けなので難しいですけどね。

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック)

省エネ・エコ住宅設計究極マニュアル 増補改訂版 (エクスナレッジムック) はこちらをチェック!

The following two tabs change content below.
Masashi Sato

Masashi Sato

代表者
理想のライフスタイルが実現できる「春桜の家」あなたの好きな季節はいつですか?日本人は春だと言います。その理由は1日中快適だからです。1年中、桜が満開に咲く春の家はそんな理想のライフスタイルが手に入ります。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ